アンリッカラーってどんなもの?

・名前の由来
猫を憂鬱な気分にさせないカラーという意味の造語です。
Un melancholic collar
アンメランコリックカラーを略してアンリッカラー™という名前をつけました。
はじめて耳にするヘンテコな名前ですがとても気に入っています。
海外展開にあたり、キャッチーで覚えやすい
 neco*nano™ collar   
という名前を海外では使用します。
 
・開発秘話
2012年のことです。

我が家の猫が目の炎症で病院にかかり目薬とプラスチックカラーを処方されました。
ただ目をこすってはいけないだけで元気なのにカラーをつけたことによりストレスが増えてしまい、
ご飯も食べられずお水も飲めないどんどん弱っていく姿を見て「なんとかしてあげたい!」と開発しました。


一番最初の試作品はプラスチック部分を布に変えただけで形はほぼ同じ円錐形。
マジックテープでの首のサイズ調節はうまくいかないし、透明だった視界も遮られたので思ったような効果は出ませんでした。
そこで猫はプラスチックカラーの何が嫌なのかを観察しました。
すると、円錐形なので常に視界に入りヒゲもあたる事、素材が硬いために普段行けている場所に引っかかってしまい行けなくなること、主にその2つが嫌なのだと気づきました。
そしてその2つは猫が普段生活するうえでとても大切なことなのです。

次の試作品は顔を覆わないように作ってみました。

一作目よりはだいぶ良かったのですが、首回りの調節がマジックテープだと段階的にしかできないのが難点でした。

アンリッカラー™は猫が嫌がる要素をできるだけ取り除き、猫が付けていて心地よいものであること、
装着が簡単であること、猫に負担をかけない重さであることを目指して試作を繰り返し今の形が出来上がりました。


とてもシンプルな形状ですが、この形の試作品をはじめて猫につけた時の感動は忘れられません。
猫たちは嫌がることなく普段通り、そして時にいつも以上に快適に過ごしていたのです。

カラーを枕のようにして寝ている姿を見て癒される効果があるとは、予想外の嬉しい驚きでした。
この枕になるという機能はとても大切ですので、何度かマイナーチェンジを繰り返し、
より枕としても機能するように改良を加えています。

このカラーを使ったお客様はほとんどが想像以上に満足されて、
熱心に布教活動をしてくださるおかげで現在も日々クチコミで広がっています。

 
・装着方法
頭からかぶせて指一本分くらいの隙間を開けて調節ひもを絞ります。
調節ひもとストッパーを裏側に入れます。
※あまり緩くしてしまうとぬげてしまったり、腕がひっかかってしまったりして危険です。
指一本の隙間があれば首が締まることは基本的にありません。



今すぐ買う
コメント

すごい!!!「なんとかしてあげたい!」って思いで、カラーを自作してしまうなんて!猫愛にあふれてますね!感動しました!!!!!

こんにちは。SuKiという仲間集めサービスを始めたものです。
猫好きのための猫写真ポートフォリオサイトを作りたい!という方が仲間を集めてます!
http://www.su-ki.jp/project.php?id=3
よければ仲間になっていただけませんか?